【岡崎市】くらがり渓谷を山頂まで登ってみた【2時間かかる】

2021年5月8日

くらがり渓谷は、岡崎市に本宮山自然公園の一部です。

くらがり渓谷の下の方には、キャンプ場があり、そこから本宮山の山頂まではハイキングコースになっています。

本宮山の山頂までは、ハイキングコースと別に、車で登れる道もあります。

今回は、歩いて山頂まで登ったので、その感想を記事にしました。

くらがり渓谷を山頂まで登ってみた【2時間かかる】

くらがり渓谷を歩いて、本宮山の山頂まで行くには2時間かかります。

マップやパンフレットには「90分」と書かれていましたが、とても90分では登れないです。

(僕は現在33歳で、仕事がら毎日1万歩は歩くので、特別体力が無いとかではないはずです)

また、途中で座るためのベンチや休憩所みたいな所もありません。

なので割とハードでした。

もし、くらがり渓谷を歩いて本宮山山頂まで登られる方が居たら、お茶(水)やおやつを持って行った方が良いです。

観光名所(8カ所)が分かりづらい

くらがり渓谷を歩いて、本宮山の山頂まで目指す間に観光名所が8カ所あります。

  1. 不動の滝
  2. 猿飛の岩
  3. 岩根のスギ林
  4. 猿神の鬼押し出し
  5. カエデの並木道
  6. 紅葉橋の岩舞台
  7. おきな渕
  8. 幻の滝

でも、ちゃんと気にしながら登らないと、3~4つしか発見できず、素通りしがちです。

中でも一番良かったなあと感じたのは、一番最初(第2駐車場の下)にある「不動の滝」でした。

でも、紅葉がある時期なら綺麗でしょうし、日が差し込んで川や緑がキラキラして綺麗というのは楽しめます。

下の写真は5つ目のポイントの「カエデ並木」です。

下の写真の、8個目の「幻の滝」は、ぜひご自身の目で確かめてみてください。

「馬の背」はハイキングコースを選ぶべし

本宮山の山頂の手前に「馬の背」というポイントがあります。

ここは、間違いなく「ハイキングコース」を選んだ方が良いです。

なぜかというと、右側の「近道コース」はめちゃくちゃ急だからです。

山頂手前まで来るのに、だいたい1時間半くらいかかって、もうヘトヘトなところにきて、最後に急斜面は超しんどかったです。

妻は何度も「もうココが私の山頂という事にする」と言って、挫折しそうになっていました。

服装や靴は山登り用の物を

くらがり渓谷は、木陰の所も多く、結構寒いです。

気温が高い日でも、木陰は風が冷たいので、防寒をしっかりして行きましょう。

(あと、本宮山の山頂も風が強いので、体感温度としては低めです)

服装だけでなく、靴もアウトドア用品や登山靴くらいの、足裏がしっかりした靴を履いて行った方が良いです。

ハイキングコースは木陰で日が当たらずに濡れている所も結構あって、滑りやすいです。

滑りにくい靴の方が疲れにくいですし、当然ながらケガの予防になります。

普通の運動靴で登っている方も居ましたが、多分慣れている方だと思います。

僕はハイキング(軽登山)を最近始めたので、ワークマンでハイキング用シューズを買いました。

あまり高い靴は買えないなと思っていたので、試しにワークマンに行ってみたら、割と本格的な靴が1,900円という破格で売っていました。

店員さんにも「これ人気ですよ」とオススメいただいたので購入しました。

FC140 高耐久シューズ アクティブハイク | 作業着のワークマン公式オンラインストア

ワークマンはコスパ最強ですね。

すれ違う人はほとんど居ません

くらがり渓谷を歩いて山頂まで目指す人は少ないようで、ほとんどすれ違いませんでした。

ハイキングコースを歩いている間は、20組くらいの人とすれ違った程度でした。

ハイキングや登山中は、人とすれ違うときに挨拶を交わしますが、みなさんマスクを着用されていました。

また、コロナ対策なのか、会釈だけの方も居ました。

なので、コロナ禍でも、くらがり渓谷のハイキングはオススメです。

ちなみに、周囲に誰も居ない時は、せっかくなので、マスクを外して自然の匂いや空気を楽しみましょう。

くらがり渓谷の駐車場は17時まで

くらがり渓谷の駐車場は17時までです。

あまり遅い時間から登り始めると間に合わないので気を付けましょう。

上の写真は第2駐車場の写真ですが、第2駐車場の方が広いです。

第1駐車場と第2駐車場はどちらも、くらがり渓谷の入り口の近くにあります。

くらがり渓谷のまとめ

  • くらがり渓谷は岡崎市に本宮山自然公園の一部です
  • 歩いて登ることも、車で登ることもできます
  • 歩いて登る場合は、防寒対策しましょう
  • 歩いて登る場合は、登山用やハイキング用の靴を履いていきましょう
  • くらがり渓谷の駐車場は17時まで

ハイキングは、コロナ禍でも楽しめる遊びで、しかも体力作りになります。

感染対策や防寒対策をして、ぜひ、くらがり渓谷をハイキングしてみてください。

ちなみに、くらがり渓谷をいきなり山頂まで歩くのは結構しんどいです。

ハイキング初心者の方は、同じ岡崎市の総合公園内にある「健康の森」を、まずは登ってみることをオススメします。

【岡崎市】健康の森を山頂までウォーキングしてみた