【名古屋市熱田区】白鳥庭園に紅葉を観に行ってみた

2021年11月14日

名古屋市熱田区にある「白鳥庭園」に行ってきました。

11月初旬だったので、まだ紅葉は見頃ではありませんでしたが、風情のある景色を味わうことができました。

白鳥庭園の入園料は大人一人300円です。

白鳥庭園の紅葉【見頃は11月中旬~12月初旬】

白鳥庭園の紅葉は11月中旬~12月初旬が見頃です。

ライトアップも、例年11月中旬から12月中旬に開催されます。

紅葉以外にも、木々の枝が折れないようにするための「雪吊り」が見られるのも名物です。

愛知県では枝が折れるほどの雪は積もりませんが、雪吊りで庭師さんたちの技術が知れます。

また、ライトアップされ、水面に映る雪吊りの景色はとても綺麗です。

ライトアップされる時期、夜は冷えるので、暖かい格好をしていきましょう。

あとは、池に錦鯉が沢山います。

茶室の横に50円でエサが売られていますので、エサやりするのも面白いです。

また「水琴窟(すいきんくつ)」という、水滴が落ちる音が反響して聴こえてくる仕掛けもありました。

僕は「水琴窟」というものを全く知りませんでしたが、妻は「3つもあるのは確かに珍しいかもね」と言って、耳を澄ましていました。

世間知らずというか、あまり教養がない僕は知らない事ばかりです。

白鳥庭園の駐車場

白鳥庭園の駐車場は正門側が40台、北側コインパーキングは30台あります。

駐車料金300円です。

(北側の提携コインパーキングへ停めた場合は受付で減額処理してくれます。)

入場時に駐車券を受け取り、園内の入り口付近の清算機で清算が必要です。

※駐車場の出口では清算できないので注意が必要。

あと、白鳥庭園の駐車場は国道1号線沿いに面しています。

国道1号線は中央分離帯で分かれいるので、駐車場へ入るには「西から東へ」向かう車線からしか入れません。

白鳥庭園の茶寮「汐入」

白鳥庭園の茶寮「汐入」では、抹茶やぜんざい、ホットジンジャーなどが味わえます。

茶寮 汐入のメニュー|白鳥庭園

汐入では、池を観ながらくつろげます。

土日の昼間や紅葉が見頃の時期は混雑が予想されます。

ランチは「きしめん」と「カレー」の2種類。

(2021年11月現在の)茶寮「汐入」のラストオーダーは16時15分です。

白鳥庭園のまとめ

  • 紅葉の見頃は11月中旬から12月初旬
  • ライトアップも11月中旬から12月中旬
  • 紅葉以外にも、雪吊りが有名
  • 夜は冷えるので暖かい格好を推奨
  • 茶寮「汐入」のラストオーダーは16時15分

名古屋に住んでいると、紅葉の名称の「香嵐渓(こうらんけい)」までは少し遠いです。

しかも、有名すぎて、紅葉シーズンは劇混みです。

白鳥庭園も、紅葉のライトアップ時期は混みますが、電車でも行けなくないので、オススメです。

(地下鉄名城線「神宮西」駅から徒歩10分)

あと、白鳥庭園と同様に、安城市にもお庭も紅葉も楽しめる「丈山苑」という施設がありますので、良ければ行ってみてください。

【関連記事】丈山苑に紅葉を見に行ってきました【2020年11月下旬】