【格安SIM】auからUQに乗り換えてみた【通信速度は満足】

2021年6月2日

スマホを、au→UQmobileに乗り換えてみました。

乗り換えて5ヶ月が経ちますが、結論から言ってUQmobileの「通信速度は満足」です。

auからUQへの乗り換えなら、SIMロック解除も不要なため、手続きも割と簡単でした。

今回は、auからUQmobileに替える際に、自分が調べたことや参考にした事をご紹介します。

auからUQに乗り換えてみた【通信速度は満足】

auからUQmobileに乗り換えて5ヶ月が経ちましたが、通信速度は満足してます。

僕は愛知県内に住んでいます。

UQmobileでも、全体的に通信速度に不満はなく、たまに、近くの山にハイキングに行きますが、そこでも繋がりにくさは感じません。

(山では写真を撮るくらいなので、あまりインターネットやLINEは使わないというのもありますが)

これまではauを2年間使っていましたが、UQmobileに乗り換えて5ヶ月が経ち、通信速度やつながりやすさの差はほとんど感じてません。

それでいて、利用料金はauを使っていた時の半額以下(9,400円→3,800円)になったので、最高です。↓写真参照。

格安SIMを選ぶ時の検討事項(6つくらい)

格安SIMを検討したとき、何に重きを置くかで、選ぶ会社が違ってくると思います。

僕が格安SIMを選んだ時の検討事項は以下な感じでした。

  • 料金
  • プランの内容
  • 通信速度
  • 通信の繋がりやすさ
  • SIMロック解除が必要かどうか
  • 機種は何を使うか

この中で、僕が重きをおいたのは「通信速度」と「通信の繋がりやすさ」です。

通信速度を優先的に考えたのは、通信が遅いとイライラしますし、大事な時に困るのは嫌だなと思ったからです。

沢山ある会社の中で、大手キャリア(SoftBank、au、docomo)以外で通信環境が良いのは、SoftBank系のYモバイルかau系のUQmobileか、あとは楽天モバイルのどれかだなと思いました。

(最近だと、docomo系のahamoも出てきましたね)

自分が調べたとき(2020年12月)の時点では、通信速度は、Y mobile、UQ mobileが速くて、他は割と横並びって感じでした。

参考にしたサイト

【2021年4月】格安SIM人気12回線の通信速度を比較 速い/遅いMVNOは?/価格.comマガジン

上のサイトでは、12時台・14時台・18時台での通信速度の違いを検討しているので、差が分かりやすかったです。

通信の繋がりやすさ以外の「料金」や「プラン」については、どこの会社も似たり寄ったりで。

しかも、大手キャリア(僕の場合はau)から格安SIMに乗り換える時点で、料金は大分安くなるのは分かっていたので、そこまで重要視していませんでした。

UQmobileに決めた理由

UQ mobileに決めた理由は「通信速度」と「SIMロック解除の事」と「実店舗の有無」で判断しました。

それぞれを少し掘り下げます。

理由その①通信速度が良さそうだったから

UQmobileを選んだ理由の1つ目は「通信速度が良さそうだったから」です。

UQmobileはau系なので、通信速度は、格安SIMの会社の中ではトップクラスです。

通信速度が速いところとしては、

  • Yモバイル
  • UQmobile
  • mineo(マイネオ)

の3社かなと思います。

僕は「通信速度」と「繋がりやすさ」に重きを置いたので、沢山ある格安SIM会社の中で、とりあえず「Yモバイル」か「UQmobile」か「mineo(マイネオ)」の3社に絞りました。

理由その②店舗がまぁまぁあるから

3つ目の理由としては「UQの店舗がまぁまぁあるから」です。

色々と格安SIMを探していると「実店舗があった方が安心」と書かれています。

でも、実際に店舗に行く事って無いんですよね。

僕自身30代で、スマホの操作で「分からない事」はあんまり無いですし、仮に分からない事があっても、今の時代、インターネットで調べれば出てきます。

auを使ってた時も、2年契約のうちに、実店舗に行ったのって、料金プランの見直しを1回だけ行ったくらい。

しかも、ネットで調べた事と同じような事しか言われず、実店舗に行く意味(実店舗が存在する意味)をあまり感じません。

ただ、全く無いのも無いので、機種変更の手続きとかに困るので、YモバイルleかUQmobileの2択かな?となりました。

理由その③au→UQならSIMロック解除が不要だから

元々auを使っていたので、UQmobileなら「SIMロック解除」が不要という点が、最終的にUQmobileを選んだ決めてでした。

基本的に購入した携帯電話会社以外のSIMカードは、端末にロックがかかっているため使用できません。

この状態を「SIMロック」がかかっていると言います。

iPhoneやAndroidは、基本的にどの大手携帯電話会社でも購入できますが、例えばauで購入したiPhoneにドコモのSIMカードを入れて電話をかける、といった使い方はできません。

引用元:SIMロック解除は必須なの?解除する方法やメリット・デメリットを紹介!/LINE MOBILE

UQ mobileはau系なので、SIMロックを解除する手続きが不要です。

SIMロック解除は面倒なのと、ショップでやってもらうと3,300円かかります。

SIMロック解除は色々と煩わしいので、元々auだった僕は、YモバイルじゃなくてUQmobileにしました。

SoftBank、au、docomoのSIMロックが必要かどうかや、SIMロック解除の条件

そして、最終的に、au→UQmobileならSIMロック解除が不要だったので、UQmobileに決定したという感じです。

auからUQmobileに乗り換えた話のまとめ

まとめ

格安SIM会社は沢山あります。

僕の選び方としては、以下の順番でした。

・通信速度や繋がりやすさを重視→Yモバイル、UQmobile、mineoの三択に絞られる
・実店舗が存在する→Yモバイル、UQmobileの二択に絞られる
・auからの乗り換えなので、SIMロック解除が不要なUQmobileの一択に絞られる

こんな感じでした。