集中力を高める机の色は青かダーク系!高さや位置も解説

2020年7月27日

集中力を高めるための、机の色・高さ・位置について調べました。

仕事、勉強、作業などに取り組む方の参考になればと思います。

机の色は“青”か“ダーク系”

集中力を高める色は「青色」と言われています。

完全な引用元は突き止められませんでしたが、カネボウによる研究では「青の照明下で、集中したりリラックスした時に出る“α波”が増えた」との報告があるようです。

青の照明下で、被験者は涼しさを感じ、5分以内に皮膚温が2度下がり、脈拍はゆっくりになり、精神集中する時やリラックスする時に出る脳波のアルファー波が増えた

引用元:勉強の効率アップに色を利用!勉強に「効く色」と「邪魔する色」/STUDY HUCKER

集中したい時は、作業前に青を中心とした「寒色系の色」を見てから始めると良いようです。

他にも、リラックス効果のある暗めな色がオススメです。

落ち着いた色味の方が、リラックス効果があるため、集中力が高まると言われています。

つまり、ダークブラウンなどの「ダーク○○色」が良いでしょう。

  • ダークブラウン
  • ダークグレー
  • ダークグリーン
  • ダークブルー など

ダークブラウンやダークグレーなどの黒に近い色、あるいはグリーンやブルーといった落ち着いた色の机なら、リラックスできるので集中しやすく、仕事や勉強の能率が上がります。

引用元:集中力と机の色との関係/やる気を出す方法.com

また、集中を妨げる色は赤色です。

赤には、興奮作用があるため、勉強したり何か作業をするなど、黙々と集中する必要がある場合は避けましょう。

ロチェスター大学の心理学者エリオット博士の実験によれば、IQテストの表紙を赤・白・緑の三色にしたところ、赤色でテストを受けたグループの平均点が20%も悪かったそう。

また、名古屋大学の八田武志博士が行ったパソコンの枠の色を変えて効率を調べる研究でも、やはり赤色は仕事のパフォーマンスを下げていたことが分かりました。

引用元:勉強の効率アップに色を利用!勉強に「効く色」と「邪魔する色」/STUDY HUCKER

仕事や勉強、何らかの作業など、集中したい人は、青色や茶色などの暗めの色を選んだ方が良いですね!

または、集中したい前に、その色の物を眺めることをやってみましょう!

机の高さの決め方

集中力を高める机の高さは、身長によります(当たり前ですがw)。

計算方法は、下記のサイトを参照してみてください。
机の高さと椅子の座面の高さの関連性

僕の場合は、身長163cmなので、「書き仕事を行う場合」の最適な机の高さは69cmと出ました。

また、「キーボード作業を行う場合」は64cmでした。

実際自分の机の高さを測ってみると、なんと73cm!

「どうりで集中力が出ないわけだ!」

(いや、ただ集中力が無いだけw)

でも、椅子の高さを調節すると、確かに作業しやすくなりますね。

ちなみに、椅子の高さ(座面の高さ)も集中力には影響するようです。


引用元:机の高さと椅子の座面の高さの関連性/bauhutte-life

僕の座高は81cmでした。

机の最適な高さは64cmでしたので、上の図の式にあてはめて計算してみます。

差尺=81÷3-2~3cm=24~25cm
理想の座面高=机の高さ-差尺
ってことは、64cm-24~25cm=39~40cm

実際は、45cmもあったので、椅子も高すぎて合ってませんね。

まとめると、身長163cm・座高81cmの僕には、

椅子は39~40cm、机は64cm(書き仕事なら69cm)が集中できる理想の高さになります。

なので、実際に理想の高さになるように、僕は100均でジョイントマットを買ってきて、椅子と足元に敷き、高さを調整することにしました。

ぜひ、みなさんも、自分に合った机と椅子の高さを計算してみてください。

そして、集中できる環境になるように、調整してみましょう!

amazonでジョイントマットを見る

机の位置の決め方

机の位置についても調べてみました。

僕は、机を壁づけにしています。

壁づけは、短時間の集中には向いているようです。

2時間くらい。

でも、長時間の作業には不向きなようで、実際は社長机のように、中央にドカンと置くのがオススメなよう。

壁向きは一時的に集中するには向いているのですが、長時間勉強する形だと圧迫感を感じるため、精神衛生上良くないからです。

引用元:集中力がアップするための机の配置/道山ケイの公式ブログ

机の色・高さ・位置のまとめ

・集中力を高めるのは「青」か「ダーク○○」の色
・机の高さは、163cmの僕には64~69cm
・椅子の高さは、163cmの僕には39~40cm
・短時間なら机は壁付けでもよいが、長時間集中したいなら部屋の中央に置く