“めんどくさい”を無くす2つの方法【減らす事と、まず始める事】

2020年10月10日

何もかもが「めんどくさい」と感じる時ってありますよね。

「仕事」「家事」「メールの返信」などなど。

僕も「めんどくさい」と感じる事が増えたので、この本を読んでみました。

「これは使えるな」と思った事が2つありましたのでご紹介します。

1つ目は「まず、やらないといけない事を減らす」という事。

2つ目は「最初から良い結果を出そうとしない」という事です。

“めんどくさい”を無くす2つの方法

めんどくさい

「”めんどくさい”がなくなる本」の中では”めんどくさい”を無くす方法が、沢山書かれていましたが、ギュッとまとめて2つに絞りました。

  1. やらないといけない事を減らす
  2. 最初から良い結果を出そうと考えない

この2つを深掘りしていきます。

「やらないといけない事」を減らす

忙しい

“めんどくさい”を減らす一つ目の方法は、そもそもの「やらないといけない事」を減らす事です。

「やらないといけない事」が沢山あるから、考え過ぎて「あーもう、めんどくさい!やりたくなーい!」となります。

そもそもの「やらないといけない事」を減らしてしまえば、面倒に感じる事は減ります。

というか、自分が「やらないといけない」と勝手に感じているだけであって、やらなくても良い事が、実は結構あるのです。

もっとシンプルな生活にしても大丈夫という事ですね。

1番避けなければいけないのは、「結局、今日1日何もやらなかった」という結末を迎える事です。

平日は忙しいから「休日にまとめてやろう」と思っても、結局何もせずダラダラと過ごしてしまう事って割とありませんか?

整理

やる事を、5個も10個も挙げなくて良いのです。

たった1個か2個に絞って、「今日は掃除をやればOK!」とか「資料作りを5割進めれば良い!」と決めた方が、めんどくさく感じず、意外と色々と進むことが多いのです。

やらないといけない事の減らし方

紙とペン

「やらないといけない事」を減らす方法は簡単です。

「やらないといけない」と感じている事を全て紙に書き出し、その中で「重要」な事の1つか2つを優先しましょう。

ただ、ここで大事なのは、「重要」というのは「長い目で見たときに重要かどうか」で決めます。

例えば、「家族との時間を大切にしたい」と考えているのに、結局「仕事を優先してしまう」とかはナシです。

家族

自分の中の”大切な事”を長期的に考え、優先度を決めましょう。

そして、その日はそこだけに注力しましょう。

きっと、”めんどくさい”と感じにくくなり、意外とサクッと終わる事も多いです。

サクッと終わらなくても、早くスタートをきれているので、修正も効きます。

最初から「良い結果を出そう」と考えない

“めんどくさい”を減らす二つ目の方法は、「最初から『良い結果を出そう』と考えない事」です。

「結果にこだわらないなんて、意味ないじゃん」

と思うかも知れませんが、始めから結果にこだわっても上手くいきません。

最初から完璧を目指すと、準備や道具集めに時間がかかり、「なんだか面倒くさくなってきちゃったな」と感じて「結局何も進まなかった」なんて事、過去にもありませんか?

面倒

また、もし、仕事やバイトの新人が、最初から完璧にこなそうとしていたら…

「いやいや、最初から失敗せずにやるのは無理だよ」

「最初はみんな失敗するもんだよ。もっと肩の力を抜いて、まずはやってみなよ。」

みたいにアドバイスしませんか?

それと同じで、最初から100点を取ろうしなくて良いのです。

この本の中でも、とある女性のエピソードが紹介されています。

インターネットでバッグを売りたい。

せっかくなら、うまく売れて、利益を生みたい。

なら、写真の撮り方や文章の書き方を学んでからやろう!

学んでいるうちに面倒になる…

結果、何も売らずに終わる。

このエピソードも、割と「あるある」ですよね。

最初はわざと失敗してみる

失敗

最初から良い結果を出そうと考えないために、「”めんどくさい”がなくなる本」の中で、筆者からのアドバイスは「わざと失敗するようにやる」というものでした。

具体的には、先程の「インターネットで物(バッグ)を売りたい人」に対して、最初は「写真も載せず、ただ『これはバッグです』とだけ書いて投稿する」という方法でした。

そんなんじゃ、確かに売れませんよね。

でも、この「最初は失敗を目指す」ことで、”めんどくさい”が減り、スタートを切ることができるのです。

自転車

自転車の漕ぎ始めと同じで、最初が一番大変ということですね。

そしてこの女性は、今ではバンバン物を売っているそうです。

つまり、良い結果を出そうとせず、スタートしてみる事が、「めんどくさい」を生まない、前に進む方法だと言えます。

まとめ

・”めんどくさい”を減らすには「そもそもの、やらないといけない事を減らす」、「最初から良い結果を出そうとしない事」

・をやらないといけない事を減らす」には、全てを紙に書き出し、取捨選択をする

・取捨選択の仕方は「長い目で見て重要なこと」を選ぶ

・「最初から良い結果を出そうとしない」ためには、とにかくスタートしてみる事

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。