【三重県津市】貸し衣装屋さんでフォトウエディングしてみた

2022年5月21日

三重県津市にある「ノード・ダモーレ津」さんでフォトウェディングをしてみました。

フォトウェディングなら、色々なロケーションやスタジオ撮影もできるので思い出にもなります。

普通の結婚式に比べて準備時間や費用が抑えられる、というメリットもあります。

他にも、授かり婚で結婚式準備期間がとれない方や、銀婚式の記念などで50代・60代の方がフォトウェディングをされる事もあるそうです。

そんなフォトウェディングについて、やってみた感想も含めてご紹介します。

岡崎・津で少人数結婚式をするなら「ノード・ダモーレ」 (nododamore.jp)

「スタジオ撮影」と「ロケーション撮影」が選べる

フォトウェディングには「ロケーション撮影」と「スタジオ撮影」があります。

ロケーション撮影は、海や公園、思い出の場所など、様々なロケーションで撮影することができます。

スタジオ撮影は、その名の通りスタジオで、色々な室内背景や小道具を使って撮影することができます。

ロケーション撮影でもスタジオ撮影でも、どちらもメリット・デメリットがあります。

  メリット デメリット
ロケーション撮影 ・自然光で写真映えする
・思い出の場所で撮影できる
・撮影パターンが無限大
・天候に左右される
・着られるドレスに限りがある
・周囲の人の視線が気になる
スタジオ撮影 ・天候に左右されない
・チャペルだと結婚式気分も味わえる
・親族との撮影プランも豊富
・ありきたりな写真になりやすい

僕たちは割と雨男&雨女なので、スタジオ撮影を選ぶことにしました。

ノード・ダモーレ津は貸衣装が豊富

ノード・ダモーレ津さんは貸衣装屋の「Mai」が運営していることもあり、ドレスが100種類以上でサイズも豊富に取り揃えられています。

5カ所くらいスタジオを見学しましたが、スタジオ背景に力を入れている所もあれば、衣装が豊富な所、とにかく価格がリーズナブルな所など、それぞれで色々な特色があります。

また、ノード・ダモーレ津さんなら、チャペルでの撮影も出来るも魅力でした。

僕たちはコロナ禍で結婚式ができなかったこともあり、両家へのお披露目にもなりました。

スタジオによっては、見学すると特典がもらえたり、衣装の試着ができるスタジオもあるので、デートの一環としてスタジオ見学するもの楽しいです。

実際のフォトウェディングの体験談と料金

僕たちのフォトウェディング内容は、

  • 新婦3着、新郎2着(土日は2着、2着)
  • 衣料の追加料金
  • チャペル撮影
  • 写真全データもらえる
  • 結婚証明書
  • アルバム(13ページ)

で、大体30万円くらいでした。

衣装は、追加料金ナシのものも沢山あります。

ただ、追加料金ナシの衣装は、ハッキリ言ってしまえば、あまり華やかではなく、結婚式の2次会に着用するような感じのシンプルなドレスでした。

なので、どうしても追加料金(2~3万円)の衣装の方が見栄えは良いです。

でも、フォトウエディングは何度も出来ることではないですし、新婦さんが満足のいくものを選ぶべきと思います。

あと、現物を見ると派手に見えても、写真で撮ると意外といい感じになる(言い換えると、写真で撮ると派手さが減る)ので、思い切って華やかな、鮮やかなデザインのものを選ぶというのもアリだと思います。

アルバムも自分たちで作成できます

僕たちが撮影したスタジオでは、アルバムは3~4種類あり、どれも挿れる写真を自分たちで選ぶタイプでした。

3~4種類というのは、アルバムの素材や質感、ページ数の違いです。

記憶が定かではありませんが、真ん中のランクのモノを選んだと思います。

家に帰ってから、インターネットを使って、実際のアルバムの型に合わせて、自分たちで写真を配置していくというタイプだったので、妻と一緒に写真を選ぶことでもまた一つ楽しめました。

アルバムは、だいたい2ヶ月くらいで自宅に届きました。

(スタジオに直接取りに行くこともできるみたいです)

撮影データももらえるのが有難い

撮影データは、撮影の2週間ほど後にメールで送られてきました。

データがあると、色々な利用方法ができるので便利です。

  • インスタ等のSNSにアップする
  • 内祝いや年賀状の写真に使う
  • 写真屋さんでミニアルバムを作って両家に渡せる
  • プリントアウトして新居に飾る

僕はインスタは利用していませんが、SNSで利用したい方も多いのではないでしょうか。

僕もこうして、このブログに利用しました。

我が家は、玄関やリビング、壁などに貼って飾っています。

まとめ

まとめ

  • 結婚式の代わりにフォトウエディングをしてみました
  • フォトウェディングには「ロケーション撮影」と「スタジオ撮影」があります
  • ロケーション撮影にもスタジオ撮影にもメリット・デメリットがあります
  • いくつかのスタジオを見学してから決めるのがオススメ
  • アルバム作成も楽しみの一つ
  • 撮影データはフル活用しましょう

主にスタジオ撮影についてご紹介しましたが、コロナが終わったらグアムでロケーション撮影をしたいと妻は意気込んでいます。

またグアムでロケーション撮影したら、ご紹介します。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

【関連記事】結婚指輪を手作りしてきた【夫婦2人の思い出にもなりました】 | kasoku009’s雑記ブログ